税務最前線 ~SBC First Tax~2013

採用情報

「SBC First Tax」は、専門家・実務家のための税務戦略ニュースです。法人税、消費税等の身近な内容から事業承継、国際税務などの特殊税務まで様々なテーマについて税務の最前線の情報を月に3回お届けします。法令条文の解釈を踏まえ、裁判事例や審査請求、異議申し立て等についての最新の情報を紹介します。

【平成29年(2017年)】   【平成28年(2016年)】   【平成27年(2015年)】   【平成26年(2014年)】   【平成25年(2013年)】

平成25年(2013年)12月

12/25号 大企業の飲食接待は50%損金算入認める

平成26年度税制改正大綱では、平成26年4月1日の消費税引き上げに伴い、資本金1億円超の法人の飲食接待費のうち50%を損金算入できる制度など、デフレ脱却に向けた措置がとられます。...続きを読むpdf

12/16号 最高級ホテルでの高額慰安旅行は給与に

東京高裁で争われていた、海外慰安旅行の会社負担額が給与に該当するか否かについてこの程判断が下されました。...続きを読むpdf

12/5号 非嫡出子2分の1の相続分は違憲

法定相続人に非嫡出子がいる場合に非嫡出子の相続分を嫡出子の相続分の2分の1とする という民法の但し書きの規定について、法の下の平等に反していたという決定を、最高裁判所が下しました。...続きを読むpdf


平成25年(2013年) 11月

11/25号 裁決 土地保有特定会社の評価判定で裁決

相続税の株式評価における土地保有特定会社の判定について国税不服審判所は、純資産価額に計上される当該土地の価格の20%に相当する金額は、「土地等の価格」に含まれるという判断を下しました。...続きを読むpdf

11/15号 判決 過大役員退職給与の判定 「最高功績倍率法」の適用が認められない

東京高裁で争われていた、過大役員退職金についてこの程判断が下されました。役員退職給与の適正額は、同業類似法人の功績倍率の平均値を基に「平均功績倍率法」により算定すべきという判決です。これは「最高功績倍率」を適用すべきであるという納税者の主張を斥ける判断です。...続きを読むpdf

11/5号 裁決 不動産管理会社への業務委託で同族会社への支出は必要経費に

個人が不動産所得を計算する場合、不動産の管理をするために会社を設立する場合があります。その会社に対して管理委託料を支払うケースがありますが、税務調査ではその是非を巡り問題視される事例が見受けられます。
...続きを読むpdf


ページの先頭に戻る

06-6315-1819

お問い合わせ

法人案内

  • 元氣朝礼
  • 心のビタミン
  • 税理士の方へ
  • 税務最前線~SBC First Tax~
  • Web版 社内報 お元氣様です
  • 元氣が出るブログ

お問い合わせ

06-6315-1819

お問い合わせ

税理士法人 SBCパートナーズ

株式会社柴田ビジネス・
                   コンサルティング

〒530-0051
大阪市北区太融寺町3番24号
日本生命梅田第二ビル3階
TEL:06-6315-1819

各線大阪駅・梅田駅から徒歩6分

アクセスはこちら