【コラム】税理士こはらけんじの一灯を提げて『住宅借入金等特別控除等の適用ミスに注意』

あけましておめでとうございます。税理士法人SBCパートナーズ代表社員の小原健嗣でございます。
今年は元号も改まり、例年とは違う新しい年の幕開けでもあります。
気持ちも新たに1年間がんばりたいと思います。本年も宜しくお願いいたします。

国税庁は今年6月会計検査院の指摘を受け、住宅借入金等特別控除と住宅取得等資金の贈与の特例について納税者の申告誤りが多く見受けられるとして、是正と不足分の税額の納付を呼び掛けているとのことです。

国税庁ホームページに公表されている3つの具体的な申告誤りは以下の通りです。

【ケース1】(特定増改築等)住宅借入金等特別控除と贈与税の住宅取得等資金の贈与の特例について、合わせて適用を受けた場合の住宅ローン控除額の計算誤り

新築や購入等した家屋を居住の用に供した年分またはその前年分において、その家屋を取得するに当たり贈与を受け、その受贈額について贈与税の住宅取得等資金の贈与の特例の適用を受けた場合で、さらにその家屋について(特定増改築等)住宅借入金等特別控除の適用を受けるときは、(特定増改築等)住宅借入金等特別控除の控除額の計算上、贈与の特例の適用を受けた受贈額を家屋の取得価額等から差し引く必要があるにもかかわらず、誤ってその減算をしていなかったケース。


【ケース2】(特定増改築等)住宅借入金等特別控除と居住用財産を譲渡した場合などの譲渡所得の課税の特例との重複適用

新築や購入等した家屋を居住の用に供した年分およびその前後2年分ずつの計5年分の間に、居住用財産を譲渡した場合などの譲渡所得の課税の特例の適用を受けた場合には、その家屋について(特定増改築等)住宅借入金等特別控除の適用を受けることができないにもかかわらず、(特定増改築等)住宅借入金等特別控除の適用を受けていたケース。


【ケース3】贈与税の住宅取得等資金の贈与の特例のうち、直系尊属から住宅取得等資金の贈与を受けた場合の贈与税の非課税の特例の適用における所得要件の確認もれ

直系尊属から住宅取得等資金の贈与を受けた場合の贈与税の非課税の特例については、その適用を受ける年分の所得税の合計所得金額が2000万円超である納税者は、その適用を受けることができないにもかかわらず、誤って適用を受けていたケース。


確定申告の対応を検討されている経営者の方も多いかと思います。専門家に相談し間違いのない申告をしたいものです。
弊社では会社の税務顧問以外にも、事業承継や組織再編、相続税対策にも力を入れております。また随時無料相談を行っており、セミナーや各種勉強会も充実しております。是非お気軽にお問合せ下さい。

税理士 小原健嗣

新着ニュース&お知らせ

2019.05.14
【コラム】税理士こはらけんじの一灯を提げて『医療費控除にマイナンバーを利用して申請手続きを自動化』
2019.04.23
【お知らせ】ゴールデンウィーク休暇期間のお知らせ
2019.04.09
【コラム】税理士こはらけんじの一灯を提げて『中小企業庁がゴールデンウィーク10連休に係る資金繰り窓口設置』
2019.03.07
【コラム】税理士こはらけんじの一灯を提げて『密輸にかかる仕入れは仕入税額控除が適用出来ない』
2019.02.15
【大阪】ビジネスマナーセミナー
2019.02.06
【コラム】税理士こはらけんじの一灯を提げて『平成30年分の確定申告での留意点』
2019.01.08
【コラム】税理士こはらけんじの一灯を提げて『住宅借入金等特別控除等の適用ミスに注意』
2019.01.07
【お知らせ】『SBCグループ拠点情報 三島支店』
2018.12.18
【お知らせ】年末年始休業のお知らせ
2018.12.07
【コラム】税理士こはらけんじの一灯を提げて『仮想通貨の税務上の取扱いについて』

ページの先頭に戻る

タップで電話

06-6315-1839

お問い合わせ

06-6315-1839

法人案内

  • 元氣朝礼
  • 税理士の方へ
  • 税務最前線~SBC First Tax~
  • Web版 社内報 お元氣様です
  • 元氣が出るブログ

お問い合わせ

06-6315-1839

お問い合わせ

06-6315-1839

税理士法人 SBCパートナーズ

〒530-0051
大阪市北区太融寺町3番24号
日本生命梅田第二ビル3階
TEL:06-6315-1839

各線大阪駅・梅田駅から徒歩6分

アクセスはこちら